京華産業株式会社


もの造りに貢献するパイプ役商社として

京華産業は、1947年(昭和22年)9月、旧三井物産京都支店の有志が中心となり資本金19万5千円で設立されました。

社名の京華には、「京(みやこ)に華(はな)を咲かせる」という設立メンバーの熱い思いが込められていました。

旧三井物産は、GHQの財閥解体指令を受けて、220数社の小規模の新会社に別れ再出発をしましたが、当社もこのうちの1社でありました。その後、現在の三井物産(株)への合併・合同の流れに加わらず、同社とは資本、営業ともに深い関係を保ちながらも、自主独立の方針の基に、地域に密着した金属・機械商社の道を歩むこととなりました。


  1. ホーム

設立から60数年を経た今日まで、三井物産のDNAを継承していることを誇りとし、創業メンバーが切り開いてきた京滋地区地場産業との関わりを大切にしてもの造りに貢献するパイプ役商社として活動を続けてまいりました。

我々を取り巻く経済環境はグローバル化IT化の大きなうねりにさらされ市場は日一日と激しく変化しております。
その中にあって世の中の変化にアンテナを張り巡らしどんな変化にも対応できる企業体質・体力を構築し社会(お取引先、地域社会)から常に必要とされる存在であり続けてまいります。

当社は三井物産を源流とする会社でありますが今日株式の大半を現役の役員・社員が保有し特定の大株主オーナーのいない名実ともに「社員の会社」であります。
これからも創業の原点である自主独立の気概と誇りを持ち新たな変革に挑戦していく会社を目指してまいります。

社長から社員へのメッセージ

企業理念

「3つの貢献」
1 取引先に対し満足度100%
2 社会に対し納税
3 社員及び株主に対し給与・賞与・配当

判断基準そのための行動を起こす判断基準「4つの正義」

  1. 社会に対して正しいことか
  2. 取引先に対して良いことか
  3. 会社にとって良いことか
  4. 自分自身にとって恥じることはないか

行動基準そのためにはどう行動すべきか

公明正大
常に公明正大に行動すべし
自立心
一人一人が経営者としての自立心を持つべし
挑戦
挑戦する心を持つべし

京華ビジョンそのためにどういう会社にしたい「社員のための社員による社員の会社

  • 当社は三井物産から生まれた京滋地区を地場とする商社にて、
    現在では役員・社員が86%の株式を保有しているユニークな会社です。
  • そこに働く社員たちが株主として責任を持つと同時に、利益の分配に与る仕組みの下、
    有意義な人生を送れる会社を目指します。
  • どんな時代でも生き続けられる強い会社を目指します。
  • 小粒でもキラリと光る会社
    • 資本金:1億円未満(株式公開せず)
    • 社員数:60‐70名
    • 役員・社員の持株比率86%程度
    • 社員・役員持株制度の創設
    • 社員教育の強化充実
    • 明るく楽しい職場の養成
    • 公平且つオープンな人事制度と業績評価の確立
    • 継続雇用の拡充と中退共による退職金制度の活用
    • 地球環境に配慮(ISO14001)する意識の改革